自宅で執り行う家族葬とは?

故人も遺族も安心して葬儀を行える、自宅葬・家族葬 家族葬の一形態である自宅葬を滞りなく執り行うためのノウハウと知識を公開します

自宅葬でも葬儀社選びは大事

故人も遺族も安心して葬儀を行える、自宅葬・家族葬

自宅葬は故人が思い入れのある家で最後の時間を過ごすことのできる葬儀です。遺族にとっても時間を気にせずゆっくりと自由な葬儀を行える事から最近では自宅葬を選ぶ人が多くなってきました。葬儀場と比べると、家の片付けや家財の移動などやることも多くなってしまいますが、その分安堵を得ることのできる葬儀を行う事ができます。

カテゴリ一覧

お葬式前に安置場所を決める

自宅にご遺体を移動する時に気を付けなければいけない事は、布団を敷く広さがあるか。祭壇を置くスペースがあるのかという事です。広さは大体、畳4畳半くらいのスペースがあれば十分です。また、専用の安置施設へ運ぶ際は、どの葬儀社で葬儀をあげるのかという事を考えなくてはなりません。ご自宅以外にご遺体を移動するという事は、必ずその葬儀社で葬儀をあげなくてはなりません。今後の事を考えながら、安置場所を決めましょう。 お葬式前に安置場所を決めるの続きを読む

自宅葬を行うメリットとは?

以前は当たり前のように行っていた自宅葬ですが、最近は、専門の式場(セレモニーホール)などで葬儀を行う事が増えてきました。しかし、高齢化社会と言われるようになってからは、会社を引退し人との付き合いがなくなり、参列する人数が少なくなってきた為、親戚や親しい友人に参列していただく自宅葬が増えてきました。自宅葬は葬儀費用を抑えることができます。また、故人と同じく高齢になった親戚に来て頂きやすいというメリットがあります。 自宅葬を行うメリットとは?の続きを読む

自宅で家族葬を行う場合の注意

家族葬を自宅で行うという事は色々な事に注意しなければいけないという事です。祭壇を飾る部屋の掃除や、家財の移動をしなければいけない場合があります。また、葬儀に来て頂く人数には限りがありますので、あらかじめファックスなどで葬儀は家族葬という事をお知らせしておきましょう。霊柩車やバスなどを駐車するので、駐車場の確保が必要になってきます。周囲の方に家族葬を行う事をお知らせする事も大切です。葬儀の準備や、後片付けなど自分達でしなければいけないのが自宅葬です。 自宅で家族葬を行う場合の注意の続きを読む

自宅葬でも葬儀社選びは大事

自宅での葬儀を自分達だけで行う場合、全ての事を自分達の手で行わなければなりません。遺体の搬送や、火葬場の手続き、寺院への連絡や参列者のお食事なども手配しなければなりません。葬儀の進行などもしなければならなくなるので、休む事ができなくなってしまいます。葬儀社を利用する場合にはこれらの事全てをお任せする事ができますので、遺族は故人をゆっくり送り出す事ができます。自宅葬だから大丈夫と思っていても、葬儀をするという事はとても大変なことなのです。 自宅葬でも葬儀社選びは大事の続きを読む

記事のピックアップ

ご自宅で安置する場合ご遺体を自宅で安置する場合、4畳半ほどのスペースがあれば十分安置する事ができます。自宅ではご遺族が故人と寄り添う事ができるため、最後の時をゆっくりと過ごす事ができるのではないでしょうか。夏場のような気温が高い時には、クーラーがあればご遺体を綺麗なまま保つことも可能です。マンションなどの集合住宅に住んでいる場合には、エレベーターのトランクルームを使い搬送する事ができます。

住み慣れた自宅でのお別れができる自宅葬は故人が住み慣れた家で葬儀を行う事を言います。闘病等により、なかなか自宅に帰ることのできなかった故人を最後に自宅から送り出す。故人が遺言などにより自宅葬を望む場合もそうですが、遺族の思いが詰まった葬儀なのではないでしょうか。自宅葬は時間を気にせずゆっくりと思い出話をしながらお別れする事ができます。

祭壇を飾る部屋の準備が必要自宅葬行う場合にも祭壇は必ず必要になってきます。自宅葬での祭壇は大きくなくても構いません。しかし、祭壇を飾るスペースが必要になってきますから、場合によっては掃除や家財の移動などをしなくてはいけません。まずは、祭壇をどこに置くのかを決め、スペースを作る事から始めましょう。葬儀が終わった後も片付けは自分達でしなくてはいけません。

PAGE TOPへ

Copyright © 2015 安らかに葬儀を行う、自宅での家族葬プラン All Rights Reserved.